Service サービス

  1. 採活力 ホーム>
  2. サービス>
  3. 階層別研修プログラム>
  4. 管理職研修

育成・キャリア開発支援
- 階層別研修プログラム
事業戦略の方向性を描けるビジネスリーダーを育てる 管理職研修

サービス概要

次期経営層の育成は企業の成長と存続になくてはならないエンジン。企業ごとの課題に適切なプログラムを提供します。

近年、ビジネス環境は想像だにしないスピードで変化が起こっています。ですが、その時流に手をこまぬいていることは許されません。環境の変化にあわせ、社会の要請に応える事業を創出していくことが、すべての企業に求められていると言えます。そして、企業がおこなわなくてはならないのが「旧態然としたものにNOを突きつけ自ら変化し、次の事業を生み出していくリーダー」ではないでしょうか。
クイックでは階層別研修の一つとして、管理職研修をご提供しています。経営幹部の視界を知るための相互理解から、環境変化をどう捉えるか、そして事業方針をどう策定し、メンバーにメッセージとして発信するか。ビジネスパーソンが現場だけではなかなか身につけることのできない高度な学びが豊富です。

サービスの流れ

事業の将来像と現状の組織とのギャップを明らかにして、対象者とプログラムを策定していきます

サービスの詳細

1.変革を主導するリーダーシッププログラム『リーダーシップマネジメント研修」

メンバーの自発性を引き出し、成長させるリーダーシップマネジメントを学び、養う研修プログラムです。

【概要】

  • ・会社のビジョンから部門の使命・役割を認識し、マネジメントの推進と実践にあたって、 周囲とのコミュニケーションを図り、リーダーシップを発揮するためのスキルを修得する。
  • ・マネジメントの基本を理解(再確認)し、主体性を引き出す、部下育成の重要性を確認する。『何を、どこで、どのようにマネジメントをする』のかを具体的に確認し、実施できるようにする。

【研修のテーマ】

  • 変化への対応・役割認識
     時代の変化に気付き、従来の成功パターンの繰り返しでは、組織パフォーマンスの維持は難しいことを理解し、役割を認識し、何をすべきかを気づく
  • 企業目的
     企業目的を理解し、部門目的の作成・浸透を考える。ビジョンを達成するために、メンバーにどのように理解させ、考えさせるかを学ぶ。
  • 目標
     目標は企業目的及び部門目的にそっているか。到達目標、行動指標はチーム・部下にとって明確か、具体的な目標設定のスキルを学ぶ。
  • 言動管理
     目標達成のためのモニターやリーダーシップの言動を学び、部下の言動を指摘するスキルを学ぶ。
  • フィードバック
     部下に影響を与えるフィードバックは何かを理解し、これらを実践するスキルを学ぶ。
  • 支援
     部下のパフォーマンスの障害を認識し、その障害を取り除くためのスキルを学ぶ。
  • 奨励
     部下のより高いパフォーマンスに影響を与えるスキルを学ぶ

2.経営幹部全体の志をひとつにするプログラム『事業戦略:視界共有プログラム』

【学習内容】

1.経営幹部相互の相互理解の促進

2.「これまでの自社」の共通理解
 ・「競争優位性」の確認
 ・ビジネスプロセス上での「競争優位性」発揮のポイントの確認
 ・大切にしてきた「判断基準」の確認
 ・モチベーションとコミュニケーション

3.自社を取り巻く環境変化の把握

4.「今後の自社」に向けて大切にしていきたいことは?「これまで」と変わらず大切にしていきたいこと。「今後」に向けて新たに取り組むべきこと
 ・「今後」の競争優位性
 ・どのビジネスプロセスをより強化していくのか
 ・大切にしたい「判断基準」
 ・大切にしたい「モチベーション」 「コミュニケーション」

5.今後自社として取り組むべき「事業戦略推進に向けた課題」の整理

6.今後の自社に求められる「人材要件」の整理

7.経営幹部個々として今後の取り組み課題

3.未来を創る次世代リーダー育成プログラム『経営戦略構想力強化:パトリオモデル』

【研修の目的と効果】

  • 経営の仕組みを把握し、企業全体をコントロールする能力の向上。
  • 意思決定に必要な財務能力・計数感覚を身につける。
  • 現状分析から目標を設定し、目標達成のシナリオを策定する能力の養成。
  • 実践型の意思決定演習により、戦略的発想の習得。

【カリキュラム例】

  • 戦略的発想能力……全体を鳥瞰図的に把握した現状分析から、短期・中期・長期の目標を決定することができ、またこれを達成する手段を有する。
  • 財務分析能力……決算書の基礎的な読み方からその分析・活用の仕方までの訓練を行うため、数字の裏づけのある経営意思決定ができるようになる。
  • シミュレーション思考能力……シミュレーションロジックをマスターすることにより事業計画から目標達成までのシナリオを描けるようになる。

4.部下の成長と共に組織目標を達成する『MBO(Management By Objectives)目標管理』

適切な目標設定と部下の成長を加速するフィードバックを学ぶプログラムです。

【研修の狙い】

  • 管理者としての役割認識を理解する(目標達成・評価の重要性)
  • 管理者のマネジメント・プロセス(目標管理)を学ぶ
  • 人事考課の重要性を理解する
  • 効果的にフィードバックするコミュニケーションスキルを身に付ける
ページの先頭に戻る Page top