イベント・セミナー PDF/約2MB

2018年7~9月◆大阪◆【理系採用・インターンシップに最適】いま話題のビジネスゲーム『The Engineers』体験会|プロジェクトデザイン共催

  1. 採活力 ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2018年7~9月◆大阪◆【理系採用・インターンシップに最適】いま話題のビジネスゲーム『The Engineers』体験会|プロジェクトデザイン共催
内容

◆大阪◆【理系採用・インターンシップに最適】
いま話題のビジネスゲーム『The Engineers』体験会
|プロジェクトデザイン共催


◆大阪◆【理系採用・インターンシップに最適】いま話題のビジネスゲーム『The Engineers』体験会|プロジェクトデザイン共催


仮説構築とチャレンジ精神を発揮して、
ものづくり企業の実践的なチーム力を最大化する。


理系学生に響くコンテンツ、つくれていますか

「自分が文系なので、理系学生に響くインターンを考えるのが難しい」、「淡白なコミュニケーションの学生が多く、なかなか親密な関係を築けない」、「理系学生の“優秀さ”を面接で判断しづらい。入社後の活躍にムラがある」、「現状のプログラムでは少人数しか受け入れられず、非効率になっている」、「研究開発や技術系部署は機密情報が多いため、インターンを通じて自社技術系の仕事の面白さややりがいを伝えきれない」……それなら、ビジネスゲーム『The Engineers(ジ・エンジニアズ)』を活用したインターンがオススメです。

メリット 1.1Dayで実施可能

最短90分で実施可能なプログラム

メリット 2.印象に残りやすい

情報をもとに仮説を立て結果を検証するPDCAの流れで、商品開発を疑似体験。能動的に考えるため記憶定着が◎

メリット 3.1名でも運用可能

人事担当者1名での運用も可能です。運営者を増やせば5名~最大48名の学生に対応することができます。

「伝達」を超えた「体験」へ

現在の会社説明会ではパワーポイントや映像、先輩社員の話などのコンテンツが主流です。企画を担当される方も、それらのコンテンツを通じて「いかに仕事や会社の魅力を伝えるか」に腐心しておられることと思います。学生もこの“伝達された情報”を使って、自分自身がその仕事にやりがいを感じるかを自問したり、自分が業務に携わる姿を想像したりして志望意思を固めていきます。
こうした「伝達」を超えた効果を生むのが「体験」、すなわち本格的なビジネスシミュレーションゲームを使った業務の仮想体験です。ゲームを使うことで、経験ある社員しか体験できないはずの「自社の醍醐味」を体感することができるのです。

企業理解だけではない、ゲームの副次効果

伝達された情報よりも、自分の体験を通じての学びや気づきのほうが効果的です。そのほかにも、ビジネスゲームを使った体験には、様々な効果があります。
●ゲームプレイによって説明会が楽しくなる。参加者間の交流が飛躍的に向上する。
●一方的な情報伝達ではなく体験なので理解が深まり、また記憶にも残りやすい。
●業務に対する適性や興味の有無を比較的はっきりと感じることができる(本人も会社も)。
●分からないこと、聞きたいことが出てくる。
●先輩トークが各段にリアルになる。
●総じて好印象で場が終わるため、次のステップに進むのがスムーズになる。
●一度導入すればよほど大きな業務変化がない限り毎年使えるため、結果的にコストが下げられる。


活用の幅が驚くほど広い

本ビジネスゲームは活用範囲が非常に広い、という特長があります。採用時の事業理解や企業理解、社員との交流を通したロイヤリティ醸成、また入社段階の意欲向上や基礎知識定着のウォーミングアップ……。研修の内製化までイメージして設計されているので、人事担当者がファシリテーターとなって、繰り返し利用することも可能です。

〈新入社員研修・フォロー研修〉での活用
●学生から社会人への切り替えに。
●実践前提 の逞しいプロ人財、応用力を発揮出来るしなやかな人財育成に。
●新入社員同士のチームビルディングに。
〈採用〉での活用
●金の卵を確実に見つけ、採用するための秘策に。
●求める人財を惹きつけ、刈り取るツールに。
●貴社の魅力を差別化してブランディングに。
受講料
無料
定員
20名
対象:自組織の採用・教育・組織開発に携わる方、HR施策に興味ある経営者
会場
株式会社クイック セミナールーム
大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル23階 [Google MAP]
詳細・申込用紙
詳細はこちら
お問い合わせ先
株式会社クイック セミナー事務局
TEL:06-6364-2221
E-MAIL:seminar@919.jp
ページの先頭に戻る Page top