FAQ よくあるご質問

  1. 採活力 ホーム>
  2. よくあるご質問

このページでは、当社に寄せられるよくあるご質問とその答えをご紹介しています。
このページにて解決されないご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q.初めて新卒採用を行うのですが、トータルでサポートしてくれるサービスはありますか?
A.採用戦略の立案から実務にいたるまで、トータルでサポートすることが可能です。採用するべき人物像の設定から、採用戦略策定、そして実際の採用実務プロセスまでをお客様と併走してサポートいたします。
Q.説明会後の選考を希望する学生の比率が少ないのですが、何か対策はありますか?
A.説明会の内容自体、あるいは説明会の内容と参加している学生の期待値にギャップが起きている可能性があります。予め広報している内容が採用ターゲットに合致しているかどうかのチェック診断と説明会の構成について再検討する必要がありそうです。弊社では、来場学生の傾向を分析するツールや説明会の効果的な演出ツールなどのサービスを用意しておりますので是非ご相談ください。
Q.面接段階に入ってから選考辞退されることがあります。何か解決策はありますか?
A.面接方法に問題があると思われます。学生は面接官の対応一つで簡単に辞退してしまいます。反対に、面接でのチェックが甘かったり、評価を誤って採用してしまったりすると本人の志向と会社の要求にミスマッチが起き、早期退職に繋がるリスクが高くなります。弊社では面接官を育成するトレーニングの実施も行っておりますのでお気軽にご利用ください。
Q.採用の成果に応じて、成功報酬型の料金体系は可能ですか?
A.中途採用市場では現在、成果課金型のサービスが増加しています。
リクナビNEXTでも、[着手金]+[成功報酬]という料金体系が可能です。
Q.CUBICは他の検査診断ツールと何が違うのですか?
A.CUBICはただの適性検査ツールではなく、適性検査機能を備えた組織診断システムです。社員満足度調査をはじめ、組織の課題を短時間で抽出することが可能です。また、カスタマイズできる組織分析機能や、追加料金が一切かからない高い機密保持性などの特長があります。 加えてCUBICはアプリケーションソフトとなるため、初期導入費用が必要となります。反対に人数に応じた追加のランニングコストは一切かかりませんので、利用人数が500名を超えるケースや中期的に見れば、コストパフォーマンスは非常に高いといえます。
Q.クイックが行う公開セミナーはどのようなものがありますか?
A.人事・採用領域におけるセミナーや組織改革、営業力向上など、強い組織を作るために役立つセミナーを開催しております。人事採用担当者のスキルアップに役立つ内容はもちろんのこと、経営者、リクルーター、新入社員向けのトレーニングも実施しており、大変ご好評をいただいております。 セミナーによっては無料でご提供しているものもございますので、ご都合が合う際にはぜひご参加ください。
Q.講師はどんな人ですか?
A.弊社の研修講師は各分野の専門家ばかりです。これまでに実績のある信頼度の高い講師陣をそろえています。
Q.クイックが行うインハウスセミナーはどのようなものがありますか?
A. クイックでご提供する研修はほとんどが企業様ごとの課題に合わせたカスタムメイドとなります。ビジネススキル研修から、新入社員研修や新任マネージャー研修、幹部職研修などの階層別研修、また理念浸透研修・事業部単位のチームビルディング研修など、組織規模・対象者により多彩な内容でご提供できます。パッケージではない分、準備に時間がかかることがありますがそれだけ満足度の高い研修がご提供できると自負しております。
Q.支店や店舗ごとでの採用の場合、応募受付や面接の内容、ひいては採用結果にムラが出てしまいますが、何か策はありますか?
A. クイックでは求人広告による採用支援だけでなく、受付対応や面接といったいわゆる「後工程」の部分もご支援させていただいております。飲食企業様の各店長向けの勉強会なども随時開催しておりますので、ぜひご活用ください。
Q.採用担当が総務や経理などの業務も兼任しているなど、採用活動のマンパワーに不安があります。その状態で採用を開始しても大丈夫でしょうか?
A.クイックでは採用業務の代行も行なっております。新卒採用から中途採用、アルバイト・パート採用でも活用いただけるのでご相談ください。研修サービスと同じく、アウトソーシングもお客様の状況に合わせたカスタマイズ型サービスですので、WEB応募受付のみ、面接の日程調整まで、とフレキシブルにご活用いただけます。
Q.一般的なナビサイトだけでは情報発信に不安があります。自社を理解してもらうために、どのような手法がありますか?
A.一概に「これがあればじゅうぶん」という回答はありませんが、企業理解のためには様々なツールを使い分ける必要があります。ナビサイトと並んで情報入手の手段となる採用ホームページや、会社説明会でのスライドや映像、合同説明会や大学、街中で配布する印刷物(パンフレット、リーフレット、チラシ、ノベルティ)など。企業様の採用コミュニケーションの実情をお聞きした上で、予算に適正なご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
ページの先頭に戻る Page top